100歳のお祝いケーキ

長寿祝いのカラーを知る

医学の進歩により、長寿が珍しくなくなりました。
日本では昔から満60歳の還暦を皮切りに一定の年齢にお祝いをする風習があります。
長寿祝いには、それぞれに祝いのカラーがあります。
長寿祝いの基礎知識を知っておくことは目上の方へのマナーと言えるでしょう。

長寿を祝う節目の年齢は、本来は数え年で祝いますが、現在では満年齢で祝うことが多くなってきています。ただし、還暦だけは数え年で61歳、満年齢60歳でお祝いします。

還暦(かんれき)

61歳(満60歳) 色:赤
生まれた年の干支に還ることから、「還暦」と呼ばれるようになりました。赤いちゃんちゃんこを身につける風習があり、赤が長寿祝いの色とされています。現在では、赤いものを身につけたり贈ったりすることも多くなりました。

古希(こき)

70歳 色:紫または紺
中国の唐時代の詩人、杜甫の詩の一節である「人生七十古来稀なり」に由来しています。漢詩が由来のためか、特色のある風習はあまり見られません。現代では還暦よりも本格的な長寿の祝いと考えられているようです。紫(または紺)が長寿祝いの色とされています。

喜寿(きじゅ)

77歳 色:紫または紺
「喜」という字の草書体が七を3つ重ねた形になり、七十七と読めることに由来しています。古希と同様に紫が長寿祝いの色とされています。

傘寿(さんじゅ)

80歳 色:黄または金茶
「傘」の略字が八と十を重ねた形になり、八十と読めることに由来しています。黄または金茶が長寿祝いの色とされています。

米寿(べいじゅ)

88歳 色:黄または金茶
「米」の字をくずすと八十八と読めることに由来しています。黄(金茶)が長寿祝いの色とされています。

卒寿(そつじゅ)

90歳 色:白
「卒」の略字である「卆」が九十と読めることに由来しています。白が長寿祝いの色とされています。

白寿(はくじゅ)

99歳 色:白
百から一を引くと「白」となることに由来しています。白が長寿祝いの色とされています。

百寿(ひゃくじゅ)または紀寿(きじゅ)

100歳 色:白
100歳であることから百寿、また100年が一世紀ということから紀寿と呼ばれています。白が長寿祝いの色とされています。
ハーバリウム

長寿祝いの贈り物は?

特に決まった祝い方はないので、長寿を迎える方の健康状態や好みに合わせることが重要です。
色にちなんだお花や服・アクセサリーなどが一般的ですが、健康を意識した食べ物なども選ばれています。
心身共に健康でイキイキとした方が多くなった昨今では、「これからも健康で」という意味を込めることもできるので、相手の方はきっと喜ばれるでしょう。
「おめでとう」の気持ちがこもった贈り物で、長寿をお祝いしましょう。

わのちえオフィシャルオンラインショップでは、日本の昔ながらの食文化を見直し、これまでの伝統と現代のノウハウを掛け合わせた自然食品など多数取り揃えています。
季節ごとにデザインを変えた巻紙を始め、気持ちを伝える多種多様なギフト包装もご用意。
お中元やお歳暮、大切な方へのお祝いに、お客様の要望に寄り添ったギフトサービスをご提供いたします。
ぜひ、下記のバナーよりわのちえオフィシャルオンラインショップへお越しください。