白髭神社と琵琶湖

昔から、日本の気候や文化に合わせて作られた「節分」や「土用」のような「雑節(ざっせつ)」と呼ばれる特別な暦日や、物事を行う際の日時・方位などの吉兆、その日の運勢などについて事細かに記されていました。「歴注」と呼ばれるこのような情報のうち、現在でもカレンダーに用いられているものがあります。

カレンダーでお馴染みの「六曜」

現在でもよく知られている「六曜(ろくよう)」。主に冠婚葬祭などの儀式と結びついて使用されています。現在でも多くのカレンダーや手帳に記されています。
暦の中の言葉は、現在でも私たちの生活と密接につながっているのです。

「六曜」とは、その日の吉凶を知らせる歴注のひとつです。
14世紀中ごろに古代中国から伝わり、広く知られるようになったのは幕末以降とされています。現在では、主に冠婚葬祭の日取りを決める際に用いられています。
「先勝(せんしょう)」、「友引(ともびき)」、「先負(せんぶ)」、「仏滅(ぶつめつ)」、「大安(たいあん)」、「赤口(しゃっく)」の六つの種類があります。

「先勝」の意味は「急ぐことは吉」。午前は吉、午後は凶です。
「友引」の意味は「友を引く。祝い事はよいが葬式などの儀式は忌む」。朝夕は吉、正午は凶です。
「先負」の意味は「何事も控えめに平静を保つ日」。午前は凶、午後は吉です。
「仏滅」の意味は「万事凶」。葬式や法事は行ってもよいとされています。
「大安」の意味は「万事大吉」。特に婚礼を行うのによいとされています。
「赤口」の意味は「凶日。特に祝い事は大凶。火の元や刃物に注意」。朝夕は凶、正午は吉です。

結婚式やお祝いなど、おめでたいことはなるべく六曜の良い日に行いましょう。
結婚式をするなら大安または先負の午後、先勝は午前中から式を始めれば午後になっても良いとされています。
友引の結婚式では「幸せのおすそ分け」という意味があり大安の次に適しているといわれています。

贈り物は大安など吉日や吉の時間帯を選びましょう

お祝いの品やお中元・お歳暮の品を郵送する際、先勝は午前の内に、先負は午後から、友引は午前の内に送るなど、吉である時間帯を選ぶようにしましょう。
相手のご都合に合わせて時間帯を決めて郵送するのが難しい場合は、大安の日を選ぶと良いでしょう。
「大安」は「大いに安心してよし」という意味です。元は「泰安」として鎌倉時代末期から室町時代に日本に伝えられてきました。
「泰安」だと「やすらかに安心してよし」となります。六曜の中でも最も吉とされる日であり、何をするにおいてもよい一日ということになります。

忙しい現代社会において、六曜の良い日を選んで贈り物を送ることはなかなか難しいかもしれません。
ですが、贈る日を選ぶ小さな気配りが、あなたを大事に思っていますという気持ちを伝えることにつながるのです。

六曜などの昔からある日本のしきたりを知っておくことはとても大切なことです。六曜は結婚式では重要視されますが、品を贈る際まで考えられる方はまだまだ少ないかもしれません。
大切な友人にお祝いや、感謝の気持ちを込めた品を贈る際、六曜を気にして贈ってみてはいかがでしょうか。

わのちえオフィシャルオンラインショップでは、日本の昔ながらの食文化を見直し、これまでの伝統と現代のノウハウを掛け合わせた自然食品など多数取り揃えています。
季節ごとにデザインを変えた巻紙を始め、気持ちを伝える多種多様なギフト包装もご用意。
お中元やお歳暮、大切な方へのお祝いに、お客様の要望に寄り添ったギフトサービスをご提供いたします。
ぜひ、下記のバナーよりわのちえオフィシャルオンラインショップへお越しください。