熨斗鮑とは

熨斗鮑の由来

「熨斗鮑」は祝儀の右上に付いている飾りのことを言います。「のしあわび」とよみます。

日本では昔、お盆とお正月に神様に新鮮な海の幸、山の幸などの「なま物」を供える習慣がありました。
なかでも「鮑」は食べると長寿をもたらすとされ尊ばれた捧げものでした。
その鮑を引きのばして(のして)干したものが「熨斗鮑」です。
やがて「なま物」の代用品として添えられるようになりました。
「鮑」には「寿命や幸せが続いていくように」という願いがこめられています。

弔事や病気見舞いでは使用しない熨斗鮑

折り方は様々ありますが、正式な熨斗鮑は白と赤の和紙に黄色く細長い紙(熨斗鮑を模したもの)を使用します。
現在の熨斗鮑は紙で作った飾りや掛け紙に直接印刷されたものが多くなっています。お祝い事全般に使用します。弔事や病気見舞いでは「殺生を避ける」「病気を延ばさない」などの考えから熨斗を使用しないのが一般的です。
また、肉や魚などを贈る際、「なま物」が重なってしまうため「のし」は添えません。「なま物」を贈る場合は、水引の掛け紙だけを使うのが正しい送り方です。

短冊熨斗

お中元・お歳暮の掛け紙には熨斗と赤白蝶結びの水引を添えます。印刷された掛け紙を使うのが一般的ですが、簡易包装が浸透し、短冊形がよく使用されるようになりました。ビールなど大きな段ボール箱で贈る場合に「短冊熨斗」を箱の右肩に貼り、大きさや用途に合わせて上から包装紙で包む内熨斗にすることが多くなっています。

わのちえオフィシャルオンラインショップでは、日本の昔ながらの食文化を見直し、これまでの伝統と現代のノウハウを掛け合わせた自然食品など多数取り揃えています。
季節ごとにデザインを変えた巻紙を始め、気持ちを伝える多種多様なギフト包装もご用意。
お中元やお歳暮、大切な方へのお祝いに、お客様の要望に寄り添ったギフトサービスをご提供いたします。
ぜひ、下記のバナーよりわのちえオフィシャルオンラインショップへお越しください。