水引の種類と選び方

水引は様々な贈答の場面で色や本数、結び方を変えて使用します。
水引は、帯状の和紙の紙をこより(細く切ってねじって紐状にしたもの)にしたものです。贈り物を布や紙で包み、ひもでしっかりと結ぶ文化が始まりといわれています。
水引が付けられた贈り物は、贈り側の「心を込めた贈り物」という気持ちの証になります。

水引の色と本数

水引の色は、祝儀には紅白・赤白・金銀・金赤、不祝儀には黒白・白銀・銀のみ・白のみ・黄白を使います。結ぶときは向かって右側が濃い色になります。
本数は、祝い事には5本・7本・9本と奇数を、弔事の贈答品には2本・4本・6本と偶数にするのが習わしです。

水引の結び方

結び方は「蝶結び」と「結び切り」が基本です。
「蝶結び」は、何度も結び直せる結び方で、何度も繰り返してほしい祝い事に使われます。出産や昇進のお祝いの場合は何度も繰り返してほしい気持ちを込め「蝶結び」を選ぶと良いでしょう。
「結び切り」は、一度結んだらほどけない結び方で、結婚や弔事など、二度あってほしくない気持ちを表すことに使います。
「結び切り」の変形として、「あわじ結び」「輪結び」があります。
「あわび結び」は祝い事にも弔事にも使われる結び方です。「輪結び」は結び切りの「切り」を嫌ったもので、結婚用に使用したりします。

水引を省略した「赤の帯紙」、弔事用の「青の帯紙」もあります。
印刷された「赤の帯紙」は、粗品・記念品・景品などを送る時に利用されます。包装紙とも兼用できるため、タオルを包み、引越しの挨拶とするなど、水引を使うには少し大げさな場合に選ぶと良いでしょう。

わのちえオフィシャルオンラインショップでは、日本の昔ながらの食文化を見直し、これまでの伝統と現代のノウハウを掛け合わせた自然食品など多数取り揃えています。
季節ごとにデザインを変えた巻紙を始め、気持ちを伝える多種多様なギフト包装もご用意。
お中元やお歳暮、大切な方へのお祝いに、お客様の要望に寄り添ったギフトサービスをご提供いたします。
ぜひ、下記のバナーよりわのちえオフィシャルオンラインショップへお越しください。