母の日のプレゼントに「のし」は必要?

贈り物にはかけ紙やのし、水引を付けるのが一般的ですが、母の日の贈り物にはのしについての決まりはありません。
贈り物に使われるのし紙の種類は様々あります。母の日のプレゼントに付ける場合、どのようなものを選べば良いでしょうか。

母の日のプレゼントにのしをかける場合

水引は一般的なお祝いに使われる「紅白」で「5本」のもの。
結びは「蝶結び(花結び)」が良いでしょう。蝶結びは結び目を繰り返し結び直せることから、何度あっても喜ばしいお祝いごとに用いられます。

表書きには「母の日」や「感謝」「ありがとうございます」などの言葉を選ぶと良いでしょう。
表書きの下段には贈り主の名前を記入します。

母の日では相応しくないのし紙

母の日のプレゼントにのしをかける場合、相応しくないと思われるものはあります。水引の本数とその結び方を確認しましょう。

水引の基本

水引は、和紙をこよりにして水糊で固め、贈り物の用途に応じて色で染めたものです。贈り物の包みを結ぶ役割をします。

慶事に適した水引は基本的に奇数本で、3本、5本、7本と奇数の本数を一組として使用します。一般的には「5本」を使います。
「3本」は「5本」を簡略したもので、主に粗品などに使われます。
「7本」は、通常よりも丁寧にお祝いをしたいときや、かしこまった挨拶・大きなサイズのギフトを贈る際に使われることがあるようです。
「9本」は「苦」につながることから、使われません。

結婚式の水引の本数は「10本」です。結婚をすることで2組の家族が手を取り合って縁を結ぶことを表す(5本×2)と解釈したものです。

偶数本は弔事に適した本数です。基本「4本」を使用します。
簡易的にしたいときは「2本」、丁寧にしたいときは「6本」を使用します。

特に決まりごとのない「母の日」のお祝いには、一般的なお祝いに使われる「紅白」で「5本」の水引を使用しましょう。

結びの基本

「結び切り」と「あわじ結び」はふさわしくありません。「結び切り」は一度結ぶと固く結ばれて簡単にはほどけないことから、結婚祝いなど「一度だけ」であってほしいお祝いや弔事に使われる結びです。

「あわじ結び」も一度きりにしたい慶事と弔事に使う結びです。
「あわじ結び」は、結び切りの両端が輪になるよう結んだもので、その輪の部分が貝の「あわび」に似ていることから、その名が付いたと言われています。「末永く続くように」といった意味が込められ、見た目も華やかなので、特に結婚式のご祝儀によく使われます。
お祝いごと全般に利用している地域もあるようですが、母の日のプレゼントでは避けた方が無難と言えるでしょう。

相手に贈り物をするときは丁寧な形式にとらわれてしまいますが、母の日「日頃の感謝を伝える機会」でもあります。のし紙を付ける際は上記を参考にして、あなたらしい感謝の気持ちを伝えましょう。

母の日に贈ってはいけないもの

基本的に「縁起の悪いもの」は相応しくないでしょう。
例えば「縁を切る」ことを連想させる包丁などの刃物類や「すり減らす」ことをイメージするすり鉢などです。本人が特に希望している場合を除いては避けたほうが良いでしょう。
また、母の日特有のタブーとして「エプロン」が挙げられます。一見喜ばれるプレゼントに思えますが「もっと料理をしろ」ということを暗示しているとも言われています。

では、どのようなものを贈るべきなのでしょうか。
まずは、情報収集をしましょう。事前に好みを把握しておくことが大切です。好きな食べ物や趣味などについて知っておくと、選ぶ際の大きなヒントになります。
また、アレルギーや食べられないもの、嫌いなものなども同時にチェックしておきましょう。せっかくのプレゼントなのですから、喜んでもらえるものを選びたいですね。

プレゼントの予算は母の日の一般的な予算は3,000円~5,000円です。大切なお母さんへの感謝の気持ちを込めて、もう少し奮発したいところですが、あまり高価なものを贈ると、かえって負担に感じてしまうかもしれません。
自分にもお母さんにも負担に感じない範囲で心のこもったプレゼントを選びたいですね。

豆知識~母の日の歴史~

誰もが知っているイベントとなっている「母の日」ですが、この習慣がどのように誕生したか知っていますか?
母の日は1908年のアメリカである女性が、亡き母を追悼するために教会で赤いカーネーションを配ったことが始まりとされています。その後、全米に広がり1914年に5月第2日曜日を「母の日」と制定されました。日本では、母の日が制定された翌年の1915年に教会でお祝いの行事が催されるようになりました。一人の女性の母を想う行動が、今では世界的に広がっているのですね。

母の日はお母さんへの感謝の気持ちを伝えられる日です。
最低限のマナーには注意が必要ですが、お互いに負担に感じない範囲で心のこもったプレゼントを選びましょう。

わのちえオフィシャルオンラインショップでは、日本の昔ながらの食文化を見直し、これまでの伝統と現代のノウハウを掛け合わせた自然食品など多数取り揃えています。
季節ごとにデザインを変えた巻紙を始め、気持ちを伝える多種多様なギフト包装もご用意。
お中元やお歳暮、大切な方へのお祝いに、お客様の要望に寄り添ったギフトサービスをご提供いたします。
ぜひ、下記のバナーよりわのちえオフィシャルオンラインショップへお越しください。