のしのついた贈答品

祝儀・不祝儀ともに贈り物をするときは品物にかけ紙をするのが礼儀です。包む紙は奉書紙が主に使われています。現在、水引やのしが印刷された「のし紙」が広く一般的です。
贈答品を購入した時、「内のし」にするか「外のし」にするかで迷われたことがあるのではないでしょうか。

内のしとは

「内のし」とは品物に直接かけ紙をかけ、包装紙で包むことをいいます。
かつて贈り物は、風呂敷に包んで相手宅へ持参するのが一般的でした。現在は宅配で贈ることが一般的になり、包装紙が風呂敷に代わるものといえます。
贈答品を宅送する場合、「外のし」ではかけ紙やのし、水引が汚れてしまうおそれがあるため、一般的には「内のし」を選ぶほうがよいとされています。

また、「内のし」は内祝いの品にも適しています。
内祝いは、本来は「喜びごとがあったとき、その喜びを分かち合い、一緒に祝っていただきたい」という思いが込められていました。
現在では「お祝いをいただいたお返し」といった捉え方が一般的であり、相手の慶事をお祝いする贈答品ではないため、控えめな表現にとどめておきたい「内のし」が内祝いには適しています。

外のしとは

「外のし」とは品物を包装紙で包んでからかけ紙をかけることをいいます。「外のし」は、贈り物の目的や贈り手がひと目でわかるため、贈り物を持参するときや相手先に贈り物がたくさん集まる場合に選ぶとよいでしょう。お年賀・記念品・引越しの挨拶の品などにも最適です。

わのちえオフィシャルオンラインショップでは、日本の昔ながらの食文化を見直し、これまでの伝統と現代のノウハウを掛け合わせた自然食品など多数取り揃えています。
季節ごとにデザインを変えた巻紙を始め、気持ちを伝える多種多様なギフト包装もご用意。
お中元やお歳暮、大切な方へのお祝いに、お客様の要望に寄り添ったギフトサービスをご提供いたします。
ぜひ、下記のバナーよりわのちえオフィシャルオンラインショップへお越しください。