わのちえ オフィシャルオンラインショップ

日本の暮らしや文化、行事、贈り物の豆知識など、昔から伝わる知恵袋を日々記しています。

目上の人への表書きのルール

贈り物には目的(表書き)と送り主の名前を明記するのがルールです。ですが、贈る目的に合わせて表書きをどのように書いたらいいのか悩まれたことはありませんか? 基本的には、贈る気持ちに合ったものを選べばよいとされています。 お […]

熨斗鮑とは

熨斗鮑の由来 「熨斗鮑」は祝儀の右上に付いている飾りのことを言います。「のしあわび」とよみます。 日本では昔、お盆とお正月に神様に新鮮な海の幸、山の幸などの「なま物」を供える習慣がありました。 なかでも「鮑」は食べると長 […]

慶弔での包み方の違い

贈答品を頂いた時、慶事の品物と弔事の品物とでは、包装紙の包み方が違うことに気づいたことはあるでしょうか。 慶弔で品物の包み方は逆になります。 包み方には種類があり、合わせ包みや斜め包み(包装紙を斜めに置き、箱を手前に置い […]

水引の種類と選び方

水引は様々な贈答の場面で色や本数、結び方を変えて使用します。 水引は、帯状の和紙の紙をこより(細く切ってねじって紐状にしたもの)にしたものです。贈り物を布や紙で包み、ひもでしっかりと結ぶ文化が始まりといわれています。 水 […]
のしのついた贈答品

「内のし」と「外のし」の使い分け

祝儀・不祝儀ともに贈り物をするときは品物にかけ紙をするのが礼儀です。包む紙は奉書紙が主に使われています。現在、水引やのしが印刷された「のし紙」が広く一般的です。 贈答品を購入した時、「内のし」にするか「外のし」にするかで […]